マタニティ歯科|千葉市緑区高田町で歯科・歯科医院をお探しの方はたかだの森歯科

千葉市緑区高田町・たかだの森歯科・043-312-9415

043-312-9415

はじめて当院にご来院の方専用のWEB予約はこちら
診療時間
9:00~13:00 ● ● ● ● ● ●
15:00~19:00 ● ★ ● ● ● ☆

火曜はPM21:00まで診療となります
土曜はPM18:00まで診療となります

マタニティ歯科maternity dentistry

マタニティ歯科

千葉市緑区高田町・たかだの森歯科・マタニティ歯科

妊娠中はむし歯や歯周病になりやすいものです。
つわりで歯がみがきにくくなったり、だ液が減り、ホルモンバランスも変化するからです。
特に妊娠中期~後期は女性ホルモンが増加し、その影響で歯ぐきからの出血や腫れなどが起こりやすくなります。この症状は妊娠性歯肉炎と呼ばれています。

妊娠中はお腹の赤ちゃんのことが気がかりで、歯科治療をためらう方もいるかもしれません。妊娠16~27週の安定期に入れば、簡単な手術や処置はできるようになります。
不安だからといってむし歯や歯周病をそのままにしておくと、お口の健康に影響してしまいます。むし歯や歯周病に気づいたら、マタニティ歯科で妊娠時期を伝えた上で治療を受けましょう。

歯周病・むし歯の赤ちゃんへの影響

むし歯菌は生まれて間もない赤ちゃんのお口の中にはいません。

お母さんのお口にむし歯菌がたくさんいると、気をつけていても赤ちゃんのお口に移りやすくなります。赤ちゃんのお口の健康を守るために、ぜひ妊娠中にむし歯は治療し、むし歯予防はしっかりと行っておきましょう。

また、歯周病になると腫れた歯肉から歯周病菌が血管に入り込み、赤ちゃんのいるお腹にまでめぐります。そのため、妊娠中に歯周病になると、低体重児を早産するリスクが上がります。元気な赤ちゃんを産むためにも、妊娠中は特に歯周病の治療・予防には気をつけましょう。

たかだの森歯科では、妊娠中のお身体に配慮しながら、ブラッシング方法の指導や歯のクリーニング、むし歯・歯周病の治療などを行っています。 自覚症状がない方も、ぜひ一度マタニティ検診にお越しください。